マルタ留学 学校

マルタの語学学校クラブクラス(club class)の雰囲気・制度・環境を誰よりもわかりやすく解説

更新日:

語学留学に行くとなったら

心配になるものの一つとして

 

学校の存在があると思います。

 

そこで私が

マルタ留学で通った

 

学校club classについて

雰囲気・制度・環境・することについて簡単にまとめたいと思います。

 

制度

club classに通うまで知らなかった制度が結構多かったので

皆さんに共有したいと思います。

レベルが8段階

学校の初日に

レベル分けの筆記テストを50分程度行います。

そのテストによってレベルが以下の8段階に分けられます。

 

  • スターター
  • ロービギナー
  • ビギナー
  • エレメンタリー
  • プレインターミディエイト
  • インターミディエイト
  • アッパーインターミディエイト
  • アドバンス

 

ちなみに私は11週間いて

最初エレメンタリーに所属しましたが、スピーキング力があまりにもなかったため

(英語の勉強、留学の対策も何もしてなかったため)

ビギナーに下げてもらって

最終的にプレインターミディエイトで卒業しました。

 

時間割

 

授業は、平日のみ行われ時間帯は下記の通りです。

 

時間帯

  1. 09:00 ~ 10:30
  2. 11:00 ~ 12:30
  3. 13:00 ~ 14:30
  4. 15:00 ~ 16:30

 

コマ数

<通常>

基本的には一日2コマです。

なので受ける授業によって

 

午前組(9:00 ~ 12:30)

午後組(13:00 ~ 16:30)

 

に分かれます。

 

<特殊>

しかし料金を多く払っている人だけ一日3コマ

9:00 ~ 14:30の時間割に強制でなります。

 

70%以上の出席で卒業 

最後の授業の日に卒業証書を通常もらえるのですが

 

学校を休みすぎると

 

その卒業証書をもらえないそうです。

 

そのボーダーラインが

授業数の70%以上の出席みたいです。

 

 

休暇が取れる 

私は留学先のエージェントから何にも聞いてなかったのですが

 

実は、10週間ごとに2週間の休みが取れる制度があります。

 

この休暇を取ると

上記の70%の出席率とは無関係で学校を休むことができます。

また

宿泊代を払うだけでとった休み分学校を留学期間を延長することができます。

(航空券の変更も必要になる。)

 

この休みを利用して

ヨーロッパの旅行に行く人が多いです。

 

格安ヨーロッパ航空券を購入!6フライトで○○円?体験記#19

On second thought I bought it for rainy day. マルタ留学の基本情報 マルタ留学の基本情報 何日目 19日目 <日付> 2018.04/26(木) <天気> ...

 

実際に私もこれを利用して

ヨーロッパ一人旅行に行きました。

 

毎週末テスト 

学校では毎週末にクラスごとにテストを行います。

テスト内容は

授業で扱った文法のテストとなっていて

このプログレステストでいい点数を取ると

下記で説明する正式なレベルアップテストを受けることができます。

 

レベルアップテスト

毎週水曜の午前にレベルアップテストを実施しています。

 

しかしこれは

自身が所属するクラスの先生が許可してくれて

初めて受けることができます。

 

許可をもらうためには

毎週末クラス単位で行われる

 

プログレステストでいい結果(目安80%以上)

 

を出し続ける必要があります。

 

 

毎日学校主催のイベントがある 

 

club classでは、学生の友好関係を良いものにするため

毎日イベントを主催しています。

 

このイベントに参加すれば

 

クラス外、違う家の外人とも仲良くなれるため

最高の制度だと思っています。

 

このイベントは

毎週月曜日に発表されます。

 

例)バレー、サッカー、キャンプ、BBQ、花火、マルタ観光、ボーリングなどなど

*このような形で毎週発表

*バレーボールの雰囲気

 

環境

学校の入り口

受付

 

wi-fi完備

洗濯機・乾燥機あり 

 

プールあり 

ジムあり 

 

隣にレストラン付き 

すること

授業内容

レベルによって教科書が分かれているので

その教科書に沿って

授業を行う人もいれば

 

教科書そっちのけで

とにかくスピーキング練習のため

議論をさせる人もいれば

 

半々の人もいれば

 

本当に日本と違って

良くも悪くも、先生によって授業のスタイルが違うため

なんとも言えません。

 

 

しかし、

先生を変えることは学校の受付に言えば簡単にできるので

理想の先生に出会うまで、クラスを変え続ければ

理想の授業を受けることができます

 

 

なので結局、自分次第ということですね。

 

 

ちなみに私は

自分の意思ではないですが、クラスが結構変わりました。

 

その経験上

様々な生徒にも出会えるし

いろんな授業を受けることができるので

クラスは固定しないことをお勧めします。

 

宿題

宿題も先生によって違います。

毎日出す人もいれば、全く出さない人もいます。

 

雰囲気

 

結論から言うと

雰囲気はとにかく最高です。

 

皆さんが気になる雰囲気というと

ここでは2つあると思います。

 

授業中の雰囲気授業外の雰囲気だと思います。

 

なのでこのへんについて少し詳しく書こうと思います。

 

授業中の雰囲気

 

クラスは多くても9人、少なくても5人はいるといった感じですね。

もちろん

先生は英語しか話さないし、話せません。

 

また日本と違って

受け身の授業では、ありません。

生徒も参加する、自発的な授業なので

眠くなることはありません。

 

また生徒も面白いため

活気があって楽しいです。

 

授業外の雰囲気

 

留学先では基本的には

できる友達は全員同じ学校の人です。

 

なので授業外の雰囲気も大事ですが

とにかく最高です。

 

  • 学校がイベントを主催してくれていること
  • 家が大きく分けて4つしかないこと

もあって、

 

一人友達ができると

数珠状に友達の輪が広がり

瞬く間に、友達の数は2桁に登ります。

 

また日本人と違い

外人は本当にフレンドリーでみんな友達を作ることが好きなので

話しかければ拒まれることはありません。

Copyright© 語学留学で英語を学ぶ!マルタ留学記 , 2019 All Rights Reserved.